JR小岩駅南口すぐ

03-3658-1234
Web予約

アレルギー科

アレルギーとは

アレルギー

私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物が入ってきた時に、これら外敵を攻撃しようとする免疫機能が備わっています。ところが、この免疫が、食べ物や花粉など私たちの体に害を与えないものまでを有害物質と認識して過剰に反応し、攻撃し過ぎる結果、逆にマイナスの症状を引き起こしてしまうのがアレルギーです。本来なら体を守るはずの免疫反応が、自分自身を傷つけてしまうアレルギー反応に変わってしまうわけです。

アレルギーが疑われたらご相談ください

当院では、アレルギー物質によって引き起こされるアトピー性皮膚炎、金属アレルギー、食物アレルギーなどの診断・治療を行います。
気になるアレルギー性の症状がありましたらご相談ください。

初診に際して

初めて「アレルギー科」を受診する際には、患者様に下記のような「メモ書き」を準備しておいていただくと、診療がスムーズに進みます。

  • 初めて症状が出た時期
  • 症状の具体的な内容
  • 症状が出たきっかけ
  • その後の症状の経過
  • これまでにかかった医療機関
  • これまでに受けた検査の結果
  • これまでに使用してきた薬の名称
  • 家族にアレルギーの方がおられるかどうか
  • ペットの有無
  • 喫煙者の有無 など

アレルギー科で扱う
代表的な疾患

金属アレルギー

金属と汗などが反応して、金属アレルギーは発症します。特にピアスやネックレスなどのアクセサリー、腕時計、ブラジャーの金具などがアレルギーを招きやすいようです。
金属アレルギーに一度かかってしまうと、多くはずっとその状態が変わりませんので、なる前に防ぐことが肝心です。予防策としてまず大切なのは、肌に優しい材質のアクセサリーを選ぶことです。金や銀、プラチナやチタンなどの安全性の高い素材のアクセサリーを選ぶようにしましょう。また、汗をたくさんかくような場面では、アクセサリーを外すように心がけることも大切です。

金属アレルギーの治療にあたっては、金属アレルギーがある場合は、その原因となっている金属を除去するのが第一の治療になります。装飾品であれば外しさえすればよいのですが、歯科治療による金属の場合は、歯科医院で削って外し、原因となった材質以外のものを用いて再度修復を行います。

薬疹

薬疹とは、治療で用いた飲み薬や注射などの薬でアレルギーを起こし、皮膚に様々な症状が現れる疾患です。ほとんどのケースで、薬に対する免疫反応が原因です。
薬を使用してから過敏反応を起こすようになるまでには、ある程度の期間が必要です。そのため、多くは2週間前後に発症します。また、これまで長く使用していて何も問題が生じなかった薬である時期から薬疹になることも少なくありません。
特にご高齢の方ではたくさんのお薬を服用されている場合が多いです。当院ではご高齢の方に原因不明の皮膚炎が発症した際は、詳細な問診と検査、診察を行っております。

薬疹では、様々な発疹が現れるので、他の皮膚疾患と薬疹を区別するのは、困難なことがあります。また、薬疹は重症化すると死に至るケースもあり、軽視は禁物です。特に重症化しやすいのは口の中や目のまわり、外陰部などに発疹が現れたケースです。また、水ぶくれが生じた場合や、二重の輪郭を示す紅斑が生じた場合も、重症化する傾向があります。
薬疹を発症してから原因となる薬剤の使用を中止しても、一度改善してから再び重症化するケースもあるので、油断はできません。重症化すると、肝機能障害や薬剤性過敏症症候群などを引き起こして、全身の健康さえ脅かしかねません。

治療としては、もちろん原因となっている薬剤の使用を中止します。しかし、前記のとおり、それで一度は改善しても、再び重症化するケースがあります。その際は、ステロイドの内服・注射による治療が必要になります。高度な専門医療機関への紹介が必要なこともあります。薬疹が疑われる場合には、必ず医師に相談し、指示を仰いで、治療と再発防止をしましょう。

食物アレルギー

食べ物が原因となって引き起こされるアレルギーのことを食物アレルギーと言います。食物アレルギーの症状は、じんましんなどの皮膚症状、喘鳴(ゼーゼー・ヒューヒューする)などの呼吸器症状をはじめ、目や鼻、消化管などにおける症状も見られます。

原因となる食べ物には、鶏卵、そば、魚、乳製品、エビ・カニ、小麦、ピーナッツ、大豆などが知られています。原因となる食材はいろいろな検査で見つけ出します。そうした食材を見つけることができたら、治療は原因となる食材をアレルギー症状が出る間は除去します(食物除去)。原因となる食べ物を少しずつ食べていくことで、その食べ物が食べられるようにする方法が採られることもあります(経口免疫(減感作)療法)。

薬物療法としては、抗アレルギー薬をしばらく用いたりします。
なお、乳幼児では成長とともに消化管機能が成熟し、消化力が発達して、次第にアレルギー症状が軽くなり、原因となる食物が食べられるようになるケースもよくあります(自然緩解・耐性獲得)。

花粉症

花粉症とはアレルギー性鼻炎の一種で、植物の花粉が原因となって、目の痒み・異物感・充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの症状を引き起こします。
原因物質としては、スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、シラカンバ、ハンノキ、カモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類があります。

症状としては、前記症状のほかに、酷くなると、せき、喉や皮膚の痒み、頭痛、倦怠感、微熱、不眠、下痢、体や顔のほてり、イライラ感などもみられるようになります。肉体的にも精神的にもダメージを受けて意欲が低下し、生活の質(QOL)が大きく損なわれてしまうこともあります。

治療は、抗原回避(アレルゲンを近づけない環境整備)と薬物療法を中心に進めます。
薬物療法には、主に下記のような方法があります。

内服薬
花粉の飛散が始まる2週間前(症状の出る前)から飲み始めます。症状が出てから薬を飲み始めるのに比べ、症状が軽く済むことが多いというデータがあります。特に鼻みず、くしゃみが強いタイプの人には効果的です。
鼻スプレー
花粉症治療の効果が強く、副作用が少ないため、鼻づまりが強い人には、内服薬に加えて局所スプレーを併用します。
院長
加藤 陽子
診療内容
皮膚科
住所
〒133-0056
東京都江戸川区南小岩7丁目24-20 FIRSTA I 5F
TEL
03-3658-1234
アクセス
JR総武線「小岩駅」南口徒歩1分
休診日:木曜・日曜・祝日
9:00~13:00
診療時間 日祝
9:00~12:30
14:00~17:30
  • Instagram @koiwa.minamiguchi.hifuka
6月
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
  • 休診
  • 9:00~
    13:00
Top